TAMISA

母に必要なもの

こんにちは。みどりです。

先日、娘と一緒にママサークルに参加しました!
この日は、お引越しした受付のはなよちゃんが三条に帰ってきた日でもあり、久しぶりの再会がとても嬉しかったです。

ママサークルとは、月に一回開催しているイベントです。
Yuka先生がガイドするヨガ、そして後半には子育てのことや普段思っていることなどおしゃべりを楽しむ1時間です。

6月24(月)10:30-11:30の回は、ありささんによるキールタンがあるというスペシャルなひとときでした。
ヨガをしている間は、子どもはお母さんのそばでゴロンとしていたり、バウンサーにのっていたり、Yuka先生に抱っこされていたりとそれぞれ。
娘はというと最初はおもちゃで遊び、後半は仰向けになっている私の頭の方にきて、頭を撫でてくれたかと思ったら髪を引っ張ってきたり。側でニコニコしていました。
ヨガで呼吸が深まり、終わって目を開くと視界がパッと鮮やかになりました。

ヨガが終わったら、キールタンの時間。
この日は、女神たちの名前を歌うキールタンでした。
ドゥルガー、カーリー、サラスワティ、ラクシュミー、それぞれの説明も詳しくしてくださり、私は今インドの神様について詳しく知りたくなってウズウズしています。
そういえば、TAMISA三条寺町の並びにある古書店で、「インド神話」という本を買ったことを思い出し、開いてみるとカーリー、ドゥルガーが出てきていたので後で読んでみたいと思います。

また、実際に歌う時には、♪ドゥルガ"マー" ドゥルガ"マー" ♪といって、女神の名前の後ろに"ma"をつけて歌いました。
この"ma"というのは、お母さんを表すそうです。
女神というと、穏やかでキラキラしたイメージもありますが、カーリーのように血と殺戮を好む戦いの女神もいるようです。

女神たちのように、何かを守るためには、優しさだけでなく、賢さ、時には強さも必要という点が、母と似ていると思うとおっしゃっていたのが印象的でした。

ありささんの伸びやかな歌声も心に響き、他の方と声を合わせて歌うことの楽しさや、終わった後の静けさも体感することができ、キールタンに感動しました。
ちなみにこの日は、5ヶ月のお子さんを抱っこしてギターを背負い、電車でスタジオまで来られたそうです。
とてもパワフルなママです!!

子どもが生まれたからといって、ひとっ飛びに親として成長できるわけではなく、さらに初めての子どもであれば毎日が手探り状態。
子どもと共に成長しながら、日々迷うことも、もちろん喜びもたくさんあります。
そんな中、精神的な面からも周りとの関わりはとても大切だと感じていますし、自分を労ることも必要だと思います。

この日は、ヨガとキールタンで癒され、他の方とお話しすることもリフレッシュになりました。
ママサークルは、参加されている方に寄り添ってくれるとても安心感のある場所だと感じています。
マタニティさんや、パパも参加可能ですので、ぜひ参加してみていただけたらと思います^ ^
日程が決まったら、イベントページにアップされますよ。

pagetop

TEL075-212-0776