TAMISA


ウェルビイングアセスメントプロジェクト[11/1(火)〜11/21(月)]

健康と幸福について考えるプロジェクト

近年、様々な研究機関により、ヨガや瞑想は、慢性的なストレスを解消し、体力や柔軟性の向上などの身体的な効果だけではなく、精神的な効果として、集中力や自尊感情、人生への満足度の向上、睡眠への良い影響を与えるという結果がでています。
ヨガの効果をより具体的に見える化することを目的として、ヨガを日常的に取り入れている方を対象としたデータを集計し、みなさまと共有するプロジェクトです。

 

TAMISA Well-being Assessment Project

TAMSIAでは会員のみなさまに、ヨガクラスとライフスタイルを通して、よりよい毎日を過ごしていただけるよう努力を続けております。この度、その一環として光華女子大学の協力をいただき、ウェルビイングアセスメントプロジェクト(健康と幸福について考えるプロジェクト)を実施することになりました。会員のみなさまからクラスに参加して感じる変化や効果など、自由なご意見をうかがいたいとご協力をお願いしております。

アンケートにご協力いただいた方の中から抽選で10名の方にyinyangヨガウエアやナチュラルな雑貨をプレゼントさせていただきます。

 

 

プロジェクトの流れ
Project flow

クラスの前後にご自身の心の今の⼼の状態を調べるアンケート(5分程度)にご記入いただきます。

集計したアンケート情報を、受講したクラス、生徒さんのカテゴリーなどに分け情報を総合的に解釈し解析します。

ホームページで解析結果の公開や、解析をしていただいた京都光華女子大学心理学科講師の谷本拓郎氏の座談会を開催予定です。

 

回答いただいた内容は、個人情報保護の観点から厳重に保管し、統計的に処理するため匿名性が守られます。

アンケートの流れ
Questionnaire form flow

受付でお渡しする、2ページのアンケート用紙にご記入いただきます。

今この瞬間を感じてクラスを楽しみましょう。

クラス前にご記入いただいた用紙と同じ内容のものとフィードバック用の用紙にご記入いただき回収箱に入れていただきます。

主なフィードバック内容
what kind of feedback

心理学を専門とする大学教員がアンケート結果を分析します。そこから得られた情報を総合的に解釈して、みなさんと健康で明るく過ごすためのティスカッションをさせていただきます。

クラスでの気分・感情への効果量

クラス内容と気づきの関連性

TAMISAを通じて
みなさんが体験されたこと
 
京都光華女子大学との共同プロジェクト
 

 

本プロジェクトは、京都光華女子大学との共同プロジェクトです。京都光華女子大学心理学科講師である谷本 拓郎氏が専門的な研究手続きで処理し、結果をもとに分析されたデータは、みなさまにフィードバックする機会を設け、TAMISAのホームページ上でも公開をいたします。


京都光華女子大学心理学科講師、公認心理師、臨床心理士

谷本 拓郎

専門は、マインドフルネス、犯罪心理学。少年院や児童福祉施設でマインドフルネスやヨガを指導している。心のケアや平穏を保つためのマインドフルネス心理プログラムを検証している。

京都光華女子大学 教員一覧ページ

概要
INFORMATION

TAMISA Well-beingAssessment Project
健康と幸福に対する査定/評価プロジェクト


期間

2022/11/1(火)-11/21(月)


対象

アンケートの記載に同意していただいた方


アンケート内容

クラス毎にアンケート用紙の配布(計3枚)
・クラス前に記載1枚
・クラス後に記載2枚

①クラス前後の「今どのように感じているか」のアンケート4段階評価35質問
②クラス毎のアンケート6質問


プレゼント

アンケートにお答えいただいた方には抽選で10名様にyinyangヨガウェアやナチュラルなお菓子・雑貨をプレゼントいたします。
※11月末を予定しております。結果はスタジオにてお知らせさせていただきます。
※プレゼントはスタジオでのお渡しとなります。

pagetop

TEL075-212-0776