インストラクター
Instructor

Chisa

過労で心身のバランスを崩し体調不良を感じていたころ、ヨガを始めて体調は改善し、心の安らぎを得てヨガの奥深さの虜になりました。

プロフィール

2004年 日本ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ・ケンドラにてインストラクターコースとセラピストコースを学び、ヨガ哲学に感銘を受ける。
2006年 アシュタンガヨガに取り組み出した頃にダンカン・ウォン先生とヨギックアーツに出会い、わき起こるエネルギーとの繋がりを感じ衝撃を受ける。
2007年 YogicArts Teacher's Training 100時間修了
2012年 YogicArts Kula Training 200時間修了
ダンカン• ウォン先生のアシスタントをしながら、現在もヨギックアーツを学び続けています。

インストラクターへの質問

<今の世界でヨガはなぜ必要だと思いますか>

私たちは、どこから来てどこへ行くのだろう?何者なんだろう?とか誰もが一度は考えた事があるようなそんな問いかけの答えがヨガにはあるから。ヨガをやっているうちに各々が答えを自分自身で導き出せるんではないかと思ってます。

<ヨガを教える時に心がけていることは何ですか>

生徒さんとの心地よい空間と時間を自分自身が楽しみながら共有する事。

<ヨガを通して伝えたいことは何ですか>

私たちはみんな他の誰でもなく私たち自身である事。 それを体感して表現すること。大いなるものとの一体感。 これは、ヨギックアーツの教えでもあります。

<ヨガをしたことがない方へメッセージはありますか>

ヨガは生きていく上で、自分と向き合い、自分で自分の身体を手入れできる最善の手段であると思います。いつから始めても全然遅くないし、一生続けていけるものだと思うので、是非始めましょう。

担当クラス