Workshop


Michiko style yoga ~アンチエイジングの為の処方~

メイン講師 峯岸道子
日程 2019年2月2日(土)12:00-14:00
受講料 一般4,500円(税抜)、TAMISA会員4,000円(税抜)

IMG_0035.JPG

Michiko style yogaとは、身体を構成している、筋、各関節、筋膜走行など、人体が
本来備えている運動学的機能を反映させて、ヨガとしての動作、組み立てを行うものです。
そうしたヨガのプラクティスは、まずケガや故障を起こさせないという大きな意図が
背景にはあります。
伝統的なヨガの本質を踏襲しつつも、その固定観念に縛られることなく、
自由な発想で、峯岸独自の手法も多様させているヨガのスタイルでもあるのです。

講座内容

今回はヨガシークエンスの中に、「アンチエイジングの為に」というテーマを投入して進めます。
特に女性は50際前後から、その身体と心にさまざまな変化を感じるようになります。
そして落ちていく機能の中にはブレーキを掛けられないものもありますが、
逆に日々の意識で衰えを緩やかにしていけるものもあります。
通常の心身をリラックスさせ、緩めることで心はかなり楽になっていきますが、
身体機能の衰えをそれだけで防ぎきることは難しい。
筋肉、骨、関節、筋膜、など、各所各々の運動機能特性を生かしたアプローチをヨガプラクティスの中に盛り込んでこそ、
始めてこの世代の方たちにより役立つyoga の提案となるでしょう。
本講座では、年を重ねてもなお、身体機能低下にブレーキをかけ、
若さを保っていきたい方すべてに、参考していただけましたら幸いです。

A83E9010 (1).JPG

講師紹介

峯岸道子

フィットネスエクササイズの草分け的存在として活動後,2000年沖ヨガ指導者認定を受ける。
フィジカル的なアプローチを得意とし,35年以上の現場指導から学んだ自らの実体験,経験値から生み出される身体操作法、
コンテンツの数々はワークショップや指導者育成でも人気を博している。
峯岸独自の身体操作法は、基軸として「身体の各関節、筋肉、筋膜などの部位が本来持つ運動の機能を損なわない動き」という考え方があり、それは、「故障やケガを起こさないヨガ」であり、ヨガを自由にとらえて「全ての人の為にヨガはある」
という本来峯岸の掲げているビジョンにもつながっている。
辛いなら辛くないような、安定しないなら安定するような、常に
参加者に寄り添う形で生み出されたものとして、国内外でも高い評価を得ている。

主に峯岸の拘る身体部位としては、「肩甲骨」「坐骨」「背骨仙骨」「股関節」があり、それらに特化させた峯岸のメソッドとしては以下のものがある。

❶2013年に「肩甲骨ヨガ®」
これは肩回りの不調から可動拡大、アーサナへの取り込み方まで、全て峯岸のオリジナルテクニックとして、多くの人たちに即効性と有効性の高さで役立てて貰っている。
❷2015年に「背骨メンテナンスヨガ~仙骨~」
神経系と繋がるワークなので、極めて繊細なテクニックであり、脳、脳脊髄液、自律神経系への作用や椎骨一つ一つのしなやかな動きを生み出す操作は、特に現代人には有効である。
❸2016年に「坐骨から導く股関節操作」
坐骨結節を左右操作し分けるという発想から、ポーズ自体の深化を呼び覚ますと同時に、股関節の滑る、回る感覚をしっかりと呼び覚ますアプローチとして考案されている。
❹2017年には今までの峯岸の独自の身体操作を盛り込んだ、自由でスタイリッシュな、そして自然に心身が大きく開放されていくヨガスタイルとして「michiko style yoga flow」を構築する。

また一方で、独自性のある型破りなプロップス使いも評判で,2010年に「ヨガ棒」を考案し,その活用法は肩の不調の緩和はもとより、ヨガのセルフアジャストメント、アスリートの為のツールとして、また関節可動域の改善、肩、肩甲骨の機能改善等、上記のメソッドの考え方も組み込んで幅広い活用テクニックを生み出し続けている。
今や「ヨガ棒」及び峯岸のメソッドの数々は、国内のみならず、海外にも多くの指導者が履修し指導を展開している。

2009年に創始した「ハンディキャップヨガ」は、障がいのある方と、その家族たちへの展開も含めて行い、まさに「yoga is for everyone」を具現化させた草の根活動として、現在は北海道から九州地区まで広げられている。

全ては「現場から」学び、「現場に帰す」と考え、38年間の指導実践から生み出される「表現」「対処」は「峯岸語録」と呼ばれ、大きな説得力を持って、国内外にも支持者が多い。

海外でのプレゼンクラス,指導者育成クラスも増えており,6回のバリスピリットフェスティバル、3回の香港アジアヨガカンファレンス、2回の韓国ヨガフェスティバルなどのプレゼンテイターを勤め、また欧米からもメソッド指導を仰ぐ人々が峯岸の元を訪れている。

新しい切り口で、ヨガを魅せるものとしてステージパフォーマンスとして確立させた「調和」は2010年に提案し,ヨガ界に新風を起こしてきた。
2015年1月、Body & Mind Yogaスタジオは野毛山スタジオへ移転し、より有効なメソッドを考案していけるラボとして、また地域に貢献できるスタジオとして展開させている。

「michiko style yoga協会 代表」
「ハンディキャップヨガジャパン代表」
「シグマストレッチ協会 代表」
AntiGravity®Fitness Japanのアドバイザー
イージーヨガのアンバサダー
Yoga Gives Backアンバサダー

主な書籍「年を取らないからだづくり」「笑顔の未来へ」「肩甲骨ストレッチ」等多数。


講座概要

日程 2019年2月2日(土) 12:00-14:00
講師 峯岸道子
場所 TAMISA三条寺町スタジオ
対象 どなたでもご参加いただけます
持物 動きやすいお着替え、筆記用具、ヨガマット(レンタル300円/日)
料金

一般4,500円(税抜) 、TAMISA会員4,000円(税抜)

 
ご入金をいただくまでは仮予約となり、ご入金をいただいて本予約完了となります。
仮予約中は、後からお申込の方でも入金済みの方を優先させていただきます。 

お申込み・ご入金の締め切りは開催1週間前となります。  

ご予約をキャンセルされる場合には、前日までにご連絡をお願いします。 
開催日6日前以降のキャンセルは返金できませんのであらかじめご了承下さい。
 

<お申込み時のお願い>
返信用アドレスが携帯電話アドレスでご登録されている方で、迷惑メール対策などのドメイン指定設定をされていらっしゃる方は、「tamisa-yoga.com」を”受信可”の 設定にしていただきますようお願いいたします。
こちらからご連絡をさせていただいてもエラーで配信できない場合もございますので、ご予約確認(自動返信)のご連絡がない場合はtel 075-212-0776までご連絡ください。
また、WEBメールなどをご利用の方で迷惑メールフィルタ設定をされていらっしゃる場合、メールが「迷惑フォルダ」に振り分けられてしまっている場合もありますので、お申込みをされて何もご返信がない場合は今一度ご確認いただけますようお願いいたします。

<振込先について>
購入代金のお振込先は、お申し込み後にTAMISAから送信する受注確認メールに記載されています。お申し込み後はメールのご確認をお願いいたします。詳しくは、お支払い方法をご覧下さい。

<ご入金の期限について>
受注確認メール送信後、1週間以内にご入金が確認できない場合は、キャンセルとさせていただく場合がございます。あらかじめご了承下さい。

<ご参加にあたって>
12歳未満のお子様がスタジオ併設のカフェや休憩スペースでお待ちいただく場合は、安全のため必ず保護者の方の付き添いをお願いいたします。(但しカフェ、もしくは受付営業時間内に限らせていただきます)また、ペットや生鮮食品をお預かりすることは出来かねますのでご了承ください。