Special Class


プラーナフロー、蓮の花の瞑想

メイン講師 らぼんば
日程 2018年9月22日(土)13:35-14:55、15:10-16:30

 
IMG_1837.JPG

京都のみなさん半年ぶりです。 
桜の頃にtamisaさんでスペシャルクラスをやらせていただき半年が経ちました。

この半年の間にいろんなことが起きたことでしょう。 
人生の中でもとても大切な半年だったんではないかと感じています。

世界を作っているのは他ならぬ自分自身。
世界に起きてることはいいも悪いもなくただ起きているだけです。

そんな世界の真ん中にいるみなさんと古都の素敵なスタジオでヨガの時間を共有できるが楽しみで仕方がないです。

9/22の午後はTAMISAでエネルギーを共有すると、2018年度下期はますます新しい世界になっていきますよ。

 

13:35- プラーナフロー

プラーナ(梵: प्राण、prāṇa) は、サンスクリットで呼吸、息吹などを意味する言葉である。日本語では気息と訳されることが多い。
インド哲学では、同時に人間存在の構成要素の1つである風の元素をも意味している。そして生き物 (すなわち息物) の生命力そのものとされ、やがてその存在はアートマンの根拠にまで高められた。(Wikipediaより)

プラーナは氣、われわれが生きていくのに最も重要な要素のひとつです。 
このプラーナが大河のように流れているからわたしたちは笑い泣き怒り食べて生きています。 
そんなみんなの中に流れている大きなエネルギーをヨガとともに流して感じるクラスです。

あなたの頭も身体も空っぽになっていきます。
その空の中にはたっぷりのプラーナ。

座位、立位、捩り、逆転などヨガの基本的なポーズを呼吸とともに組み立て、壊し、再生していきます。
初心者からヴェテランの方までどなたでもご参加できるクラスです。

口角が少し上がって、ウエストが少し細くなって、少し歩幅が広くなって京都の街を歩くあなた。
京都の夕陽が違って見えますよ。

tamisa三条寺町スタジオを降りていくとき、生まれかわっているご自分を感じてください。



15:10- 蓮の花の瞑想

瞑想が話題にのぼることのおおい世の中になってきました。
シリコンバレーの大立者やハリウッドスターも瞑想して成功をつかんだとか...。

何のために瞑想するのか???

人それぞれの目的があるでしょう。
でもその目的のその先はみんな同じなのかもしれません。

不思議な耳つぼ「神門」、カラダを流れるヨガで感じたプラーナ、その先にある微細なエネルギー、ライトボディ...。 
簡単シンプルで深い瞑想を体験する「神門瞑想」。
その神門瞑想をヨガ的に進化させた「蓮の花の瞑想」で新たな瞑想の世界を体験してみて下さい。


【自然と神門、ライトボディについて】
自然については下野誠一郎さんのページを http://jinen-do.com/about-jinen/
神門については飯島敬一さんのページを参照してください。 http://www.shinmondo.com/p-a957.html
ライトボディやチャクラについてはこのページがわかりやすいです。 http://aitree.net/lightbody/


講師紹介

らぼんば

らぼんば、桧山芳臣。
東京都出身。
千葉県柏在住。

・Lotus8認定指導者養成修了
・Sun and Moonリストラティブヨガ指導者養成修了
・セルフラブアウェアネスプラクティショナルヒーラー
・神門メソッドプロフェッショナル
・神門瞑想インストラクター

おひまなら名インタビュアでもあるヨギーChamaさんとの会話をご覧ください。
なんでぼくがここにいるのか…

https://www.facebook.com/1281769444/posts/10216024759553425/