Studio

2020年10月 8日
Studio

TAMISAは15周年を迎えました / Yoko

金木犀の香がふわりと届く季節となりましたね。

毎年、楽しかった夏の思い出を胸に、少し寂しくもあり、日差しや風が心地よくも感じる大好きな季節です。

今年はCOVID-19の影響で、大きな大きな変化がありましたね。

私も、自分が置かれている状況、世界のこれからの動向、そして自分が今後進んでいくべき方向性など、たくさんのことを考えました。

メディアからは、毎日、恐れや不安を助長するような内容の情報が発信されています。

今までは、より多くの情報を得ることが必要だといわれ、情報の中で比較し、競争し、いかに自分が優位にたつか

良いポジションを得ることができるかを目指すことが一般的だったのかもしれません。


でも、今の状況は、誰も正解や真実を知らないので、情報が錯綜し、信頼の置ける情報を見つけることが困難になっています。

揺れ動く情報を得ることは、恐れや不安を増し、自分の深層意識に埋め込んでしまいます。

不安や恐れのエネルギーは、日々の生活の中で、比較や判断、そして判別と分離の意識を生み出します。


怒りの感情の奥深くには不安があります。

今年に入って、多くの人が、目に見えないCOVID-19に不安を覚えました。

そして、自分の中にある、不安や恐れ、怒り、これらの感情に驚き、揺れ動かされたのではないでしょうか。



--


ヨガの練習の目的は、ポーズを上手にとることではなく、ポーズの中で、肉体的感覚や思考の移り変わりを観察し、自分の身体と思考の癖に気付くことです。

自分の心身をじっくりと観察するために、さまざまなポーズをとります。

そして、癖に気付くことで意識に少しの変化が生まれ、改善しようという力(いらないものを手放し、必要なものに集中する力)が働きます。

私はこの大きな出来事の中、世界中の人々が「ヨガ」をしている状態ではないかと思いました。

今、私たちは、自分の思考や生活の中で、必要なものと必要のないものを見極める力を養っています。

そして、同時に自分の思考や行動がどのように生活に影響しているかを見る時間もできたのではないでしょうか。

これからは自分の深層意識から目の前にある世界を変えていく時代となります。

どうぞ光や風、季節が運んでくる匂いに意識を向けて、自然と繋がり、笑顔を忘れず、過去や未来に行かずに

今、この瞬間に留まってください。

そして、穏やかで調和的なバイブレーションを保ってください。



自分にとって、本当に大切なことを見極めて、そこから注意をそらさないようにしてください。



そうすることで、きっと光が溢れる世界へと繋がります。



---------


そして、そんな中、TAMISAはこの夏15周年、そしてVegOutは5周年を迎えました。


たくさんの心温まるメッセージや美しいお花をいただきありがとうございます。


幸い、一緒に働く仲間たちは、ポジテイブで、健康で、穏やかで、毎日の生活はいつも笑顔と愛に溢れています。


大きな変化の中で、みなさまと、一緒に過ごす人やものが、心地よい穏やかな場所へ留まりますように。




いつもあたたかいサポートをありがとうございます。

大きな愛を込めて、

Yoko


5D70AFA8-99E8-4DC0-93C5-671C22218715.jpeg

1JPG.jpg5AC904BB-576E-4358-9B86-E44E0FA9222D.jpeg