Studio

2021年9月14日
Studio

陰ヨガ定期講座 - 進化した陰ヨガ -

こんにちはAsakoです。

だんだん秋らしくなってきましたね。
夏のお疲れが出てくる頃ですので、ヨガで心も体も整えていきましょう。

さて、9/25-27 川畑友季湖先生の定期講座が開催されます。

私のクラスを受講された方はご存知かと思いますが、この「陰ヨガ」は、つま先を立てたり、スクワットも行います。
この陰ヨガを学べば学ぶほど、私が長年行っている「ルーシーダットン」や、タミサでおなじみTomi先生の「太極拳」に通じることが多くあります。

人生100年時代、今からでも遅くありません。
私達がいつまでも、自分の足でしっかり立って、しっかり歩ける身体を今から準備していきまましょう。

この講座はどなたでもご参加可能ですが、「陰ヨガティーチャーズトレーニング」に組み込まれたプログラムになります。ヨガ講師の方、ご自身のスキルアップを目指す方、3日間でしっかり学びたい方によりオススメです。

詳しくはこちらから


dd34acd17924153b5d4cb2f56d8d1c1a4c2c7de5.jpg

陰ヨガとは
『グラウンディング』『ホールディング』『リラクゼーション』の3つの原則を柱とした、古代中国と古代インドに共通する教えをもつヨーガ、それが陰ヨガです。

その基本の3つの原則は、実際に陰ヨガをプラクティスすることによって、私達自身の身体の中で『天と地』『陰と陽』の哲学を実現できるようになるための重要な柱です。グラウンディングは私達の身体の中で起こり、ホールディングは私達の呼吸の中で起こり、リラクゼーションは私達のマインドの中で起こります。古代からの偉大な叡智を理論として頭で理解するためだけの存在ではなく、どのようにしてこの大自然の営みが存在し、それをどのようにして私達の身体の中へと変化させてゆくのか、それらを明確にしたプラクティスが陰ヨガです。

陰ヨガの3つの原則は、古代中国の叡智に基づく深遠な哲学的基礎を持っています。それは肉体を超えた練習です。自身の生命で陰の原則に真に従えば、満開の花の如く満ち満ちた生命をもたらすための、私達自身の中にある広々とした質を発展させます。土の中の種のようにその瞬間を待っています。
それは、陰ヨガを実践しながら歩む進化した道です。私たちが陰ヨガのプラクティスでこれらの3つの原則を使用した場合、生命はここですぐにその花のように、種のように変わることができるでしょう。

陰ヨガは柔らかさ、マインドフルネス、リラクゼーションでひとりひとりののヨガの練習にアプローチする方法です。
これらはマインドに調和をもたらすために正しい呼吸で養われていきます。この呼吸と一緒に身体を動かす資質は適切な指導のもとによってのみ生み出されることができます。

この実践は身体の解放、循環、および強いエネルギーに関する中国の経絡の研究内容にも当てはまります。この経絡の研究とは何千年もの間、中国の気功や武術で練習されてきた古代の芸術です。


IMG_7973.jpg