Studio

2021年6月24日
Studio

アーユルヴェーディック・ヨガ講師養成講座で学んだこと

こんにちは。みどりです。

9 月からサントーシマ香先生による「アーユルヴェーディック・ヨガ講師養成講座」がスタートします^ ^


IMG_0251.JPG

私は、前回この講座を受講し、今はTAMISAでアーユルヴェーディックヨガのクラスを担当しています。
今日は、受講を決めた時のことや講座の内容などをご紹介したいと思います。

以前から、ヨガと関係の深いアーユルヴェーダに興味があり、本を読んだりワークショップに参加していて、いつか時間をかけて学んでみたいと思っていました。
そんな中、このコロナ禍でサントーシマ香先生のオンラインレッスンを受ける機会に恵まれたのが大きなきっかけです。

ヨガをはじめてから、天候や、季節、時間帯や自分の周りに起きたこと、月経周期などによって、体調の変化や、気持ちのアップダウンがあることに気がつき、その日にあった練習の仕方や暮らし方があるように思っていたので、香先生のアーユルヴェーダのお話や、個人の状態に配慮されたガイドが私にとってとても心地が良く、改めてヨガの良さを感じることができました。

このことから、生徒さん一人一人にあったかたちでヨガを提案していきたいという思いが強くなり、受講することとなりました。

講座では、アーユルヴェーダの基礎的な内容の他にも、ドーシャに合わせたアーサナや呼吸法、便秘や慢性疲労などのケースに合わせた内容を学ぶことができ、季節や、時間帯に合わせたヨガや日常の過ごし方、ドーシャ別の指導方法も知ることができます。

そして毎回、アーサナ、呼吸法や、プロップスの使い方など、香先生のガイドに合わせて実践していく時間がたっぷりとありました。
クラスで伝えようと思った時に、知識はもちろん大切ですが、腑に落ちているかが重要だと感じているのでとても充実したひとときでした。

また、講座中は、デモクラスの動画を繰り返し練習することで、クラスに反映していくこともできますし、自分自身を整えることもできたと思います。

スクリーンショット 2021-06-23 14.30.01.png

【講義→デモクラス→学んだことを日々の実践する】というこのサイクルを繰り返すことで、頭だけの理解でなく、体感として培われていき、自然と生活の中に溶け込んでいったように感じます。

質問する時間もたっぷりあり、理解できなかったところや、もう一度説明してほしいと思った時も聞ける環境です。
ここは今振り返っても大変ありがたいところだったと思うのですが、というのも私が受講を決めるにあたり、一つ迷った点としては、オンライン受講だったことです。
サントーシマ香先生に直接お会いして学びたいという思いが強かったこと、オンラインでの受講自体に正直抵抗もあったため、対面での講座の開催が叶うまで待とうかという気持ちもありました。
それでも、やはり今自分に必要な学びだと思ったことを大事にしたいと思い、受講を決意しました。

そんな中迎えた第一回目の講義、最初迷っていたことなんて全て吹き飛ぶくらい、同期の皆さんの温かい人柄と、香先生の言葉一つ一つに溢れる優しさにふれ、オンラインではあるものの、距離ややりにくさを感じることもありませんでした。
対面開催では会えなかったかもしれない、様々な場所から参加されている方と繋がることができて、他の方の質問を通して学びが深まったように思います。

講座が修了して、アーユルヴェーディック・ヨガクラスの組み立てができるようになったこと、日常がより豊かに感じられるようになったことなど、良かったことなどあげればきりがありません。
ただ、何よりも良かったと思うことは、7ヶ月間を通して、サントーシマ香先生に、ヨガ講師として大切なことを様々な場面で教えていただいたということです。

これから、アーユルヴェーディック・ヨガ講師として活動したいと思われている方、本格的にヨガを学びたいと思われている方にはとてもおすすめの講座だと思います。
今回は、ゲスト講師のスパイス料理研究家の高瀬媛子先生の講義もあり、さらに充実した内容になるそうです。

eb700ff4d2bde504922d6d6652b44cae3137531e.jpg

受講を迷われている方や、募集要項をみて疑問や不安に思われている点があれば、お気軽にスタジオにご連絡くださいね。