Studio

2020年6月14日
Studio

15日のレッスン~ヨガは太い芯を築くもの

71479942_1387081088126950_9017611363568058368_o.jpg

こんにちは。えりです。
いつもお読み頂きありがとうございます。

みなさん、いかがお過ごしですか?
突然訪れた長いお休みの中で、新しい視野が芽生えましたね。
今、世界中で何が起こっているのか、ニュースを見ておられる方も、そうでない方もおられるかと思います。
世界が大きく揺れる中で、精神的なバランスが崩れたり、心が不安定に感じることがあるかもしれません。
ヨガや、瞑想の練習は、心身共にバランスを保つこと、心を安定させることを培ってくれて、どんな時でも反応や反発をせずに、ぶれない太い芯を育み、築いていくものなのだと実感する今日この頃です。

今は亡き、私の尊敬する先生マイケル・ストーンが、2012年に話されていたことを日本語に訳させてもらいました。

-----------------------------------------------------------------------------------------

ヨーガとは、融合・調和という意味です。

私はこの "ヨーガ" ということばを "Intimacy" - 深い繋がり と訳したいと思います。"Intimacy" - 深い繋がり とは、物事をフィルターを通した目線で見ないときに現れるものです。

固定された固いアイディアは、"Intimacy" の敵です。私たちは、これ以上の観念形態や哲学の必要ない時間を生きています。
私たちにとって本当に必要なのは、それらのフィルターを手放して、今、本当に何が起こっているのかに意識を向けることです。

何が美しく素晴らしくて、何が悲惨で破壊的なのかも含めて、経済的、感情的、生態学的、社会的な目線から、今、本当に何が起こっているのか。

この世界はうっとりするほど美しいということ、同時に、完全なる破壊的状況だという事実に心を開かせるという意味です。

どうやってそれらを受け止めたら良いのでしょう。

今生きていることへの喜びにも、私たちの身体は老いていくとう事実、私たちの中に内在する苦しみにも、この世界には私たちの助けが必要だということにも、心を開かせるのです。

「執着しない」というという意味を、フィルターを通した固いアイディアに依存しない練習というふうに捉えてみて下さい。そうすることによって、私たちはこの世界と深く繋がることができるのです。

この世界には私たちが必要です。私たち一人ひとりの取る行動が、現状を変えるのです。

スピリチュアルと呼ばれる練習、精神的な練習とは、何かと超越しようとするのではなく、この世界から自分自身を切り離して考えようとするのではなく、ただ全てを観察している側にまわるのではありません。

でも、常に今ここにあなたの人生は起こっているのです。

Yoga means union.

I like to translate the term "Yoga" as intimacy. Intimacy is the by-product of giving up fixed views of the way things are.
Fixed and rigid ideas are really the enemy of intimacy. It's really what shuts down the relationship because we are living in a time we don't need any more ideology and philosophy. What we really need is way to let go and drop in to the truth of how things are economically, emotionally, ecologically, socially, and that includes both what's beautiful also what's devastating.
It means opening up to the fact that this world is stunningly beautiful, and also a total catastrophe.
How to hold both, .how to open up to the joys of being alive and also to the suffering that is inherent in being in a body, and being in a body that is aging, being in a world right now that really needs our help. So I think that we need to reimagine this idea of non-attachment as a practice of not clinging to fixed ideas, so that we can be engaged with the world. The world needs us. Our actions make a difference, so how to rethink spiritual practice not as trying to transcend, not as being dissociated, not as witnessing our lives, but it's been totally emerged in life.

Words: Michael Stone- The heart of non-attachment
2012/June/12

▼▼▼6月15日、日曜日のレッスン▼▼▼

〇 三条寺町スタジオ

9:00~ハタフロー Janka

10:30~ジヴァムクティ Ryoko

13:30~ヴィンヤサ レベル1 Saki

15:30~陰ヨガ Asako

19:00~アシュタンガ Andrew

〇 オンラインスタジオ

10:00~ヴィンヤサ オールレベル Santa

12:30~トゥリヨガ オールレベル Yuka