People

2021年5月28日
People

【Awareness】Starting Yoga Programを終えて/Saki

1月から始まったStarting Yoga Programを終えて感じた事を書いていきたいと思います。

210120_Starting Yoga Program_mobile.jpg
約4ヶ月間に渡り、第1回・第2回のStarting Yoga Program(以下、スターティング)の担当をさせていただいたのですが結果、自分自身も学ぶことばかりで楽しい時間を過ごすことができました。

私が受け持った生徒さんでヨガ初心者の方はいなかったのですが、『Vinyasa』のクラスを受けるのは初めての方がほとんど。

ヨガでも、種類が違えばわからない事はたくさんあると思います。

何をするのにも新しいことを始める時は、その知識のキャンパスは真っ白な状態。
なので固定概念がなく素直な姿勢で聞き入れやすい為、吸収する力はたくさんありますよね。


話はそれますが我が子も現在、言葉の吸収力が凄く私の口癖をたくさん吸収しています。
それによって自分の口癖を教えてもらい、こんな風に話しているのかと知る事が多いです。
いつもその吸収力に感心させられます。


Screenshot_20210521-113432_2.png

(古い携帯電話で話をする娘)

それは、子供だから・大人だからは関係なく学びたい・知りたいの気持ちから吸収力はきているのだな。と今回のスターティングを通して改めて感じました。

生徒さんの1人に、肩周りが硬くどのアーサナをとるのにも肩がガチガチの状態。
昔の自分を思い出します。

小さな頃から私は、体を動かす事が好きでヨガもVinyasaのクラスが楽しくて仕方がありませんでした。
先生の誘導と思いのままに動くだけで心身共にスッキリし、癒されヨガを楽しむ。
それはとても大事な事だと今も思いますが、ある先生に出会った時に『肩や首で頑張り過ぎ』と言われました。
その時は、全くわからず楽しければ良い・スッキリすれば良い。
と、思っていた私は聞き入れもせずただひたすらヨガを続けました。

でもある日、突然その日はやってくるのです。

寝違いのような痛みが首に起こり終いには起きていても寝ていてもどの姿勢でも痛く、何も手が付けられない状態までに。
まずはストレッチをしたり、病院に行ったり・整骨院・整体。
その痛みは治るどころかますます痛みは増す一方。

最終は針治療で徐々に回復したのですが、原因は肩周りの使い方からくるものでした。

そこで、ようやく私は以前先生に言われた『肩や首で頑張り過ぎ』という言葉を受け止めるのです。
最初からこの言葉に耳を傾けてしっかり聞いていれば、痛みがひどくなる事もなかったでしょうがあの頃の私にはわからなかったと思います。
この痛みが出て、やっと理解できるまでに。

こんな事は、人生でもたくさんありますよね。
あの時、しっかり聞いていれば。なんて事が。

素直に聞き入れる事は簡単なようで自分の知識や固定概念が出来てくると難しいものでもあります。

それでも、スターティングに来てくださった生徒さんは、固定概念がなく私がお伝えする事をしっかり理解しようと素直に受け入れ、終わりの方には肩の力がいい具合に抜けていてご自身でも変化を感じていらっしゃいました。


このスターティングを通してヨガをお伝えしていくはずが、私自身も常日頃から新しい気持ちと素直に人の話に耳を傾ける大切さを教わりました。

偏った考えや思想は時に邪魔になる事があります。
たまには違った事や行動をしてみる。それが何かを学ぶきっかけになるのだなと改めて感じました。

たまには食べたことのない料理を食べてみよう・いつもと違ったルートを歩いてみよう・受けたことのないヨガのクラスを受けてみよう。

そんな事で、新しい自分を発見したり感じたり何か気づきがあるかもしれません。


IMG_2006.JPG

そんな私も現在妊娠9ヶ月目。もう後少しで出産予定日。日々が違う事だらけで気づきの時間がたくさん転がっている状態。たくさん学んでいきたいと思います。



IMG_2007.JPG
皆様、いつもお気遣いありがとうございます。妊娠生活をTAMISAで楽しく過ごせました。がんばって元気な赤ちゃんを産んできます!

Saki

saki.jpeg

昔から体に良いこととは何かを考え栄養士の資格が取れる学校を卒業する。社会人になり体を動かす事が少なくなる中で何かをしたいと思い、気になっていたヨガを始める。色々なWSやクラスを受け、素晴らしい先生方に出会いどんどんヨガの魅力にはまったのがきっかけでインストラクターの道を目指す。2007年から始まり、たくさんの講師や生徒さんから学び変化を感じながら知識を深めている。