Other

2020年1月27日
Other

【タブロイド】Yoga in English 多様性のあるヨガのカタチ

Yoga in English-02.jpg

深く息を吸って、息を吐く それは国籍、性別が違っても同じこと まずは言語の壁を超えて、 ヨガをすることから始めてみよう すると見えてくる新しい自分 昨日よりも自由な瞬間に出会える時間

街をぶらりと歩けば、いろんな国から来た外国人とすれ違うことが当たり前になってきた今日この頃。日本の文化や歴史に興味を持ってくれる外国人の方が増え、訪日外国人の数が過去最高を更新し続ける中、 ここTAMISAでも、海外から来たヨガの先生や、海外留学や在住経験者の先生がクラスを英語で行なっています。 インドで生まれ世界中に広まったヨガですが、その国や地域習慣などで、ヨガの考え方も教え方も違い、たくさんのヨガのジャンルが生まれてきました。特に20世紀から始まる数々の先人たちが広めた近代的なヨガの世界は、時代、人種、習慣、価値観によってもそれぞれ違った多様性を持ってそれぞれの地域に根付いていったのです。 そして現在の私たちは、気軽に海外からの情報をリアルタイムで得ることができるようになりました。海外旅行へのハードルもどんどん下がり、思い立ったらすぐに海外に行けるようになり、より一層、海外からの情報が早く正確に広まるようになったこの時代に、海外で勉強をした日本人の先生や、世界各国から京都でヨガを教える外国人のヨガの先生が、スタジオに集まっています。 参加する生徒さんも大きなカバンを背負ったバックパッカーや、在日の外国人の方、海外での生活をしていた方、英語を勉強している日本人の方など、一人一人違った興味を持ってクラスに参加しています。もちろん英語を話せない方も大丈夫。耳で聴いて、体で感じる英語のヨガの世界に触れ合ってみましょう。

Yoga in English-03.jpg


English / Japanese Speaking Yoga Teachers
英語ヨガクラスができる講師


Yoga in English-07.jpgYoga in English-08.jpgYoga in English-05.jpgYoga in English-06.jpgYoga in English-04.jpg


Tabloid vol04-08.jpg

この記事はヨガスタジオ TAMISAのタブロイド誌『Yoga for Life vol.4』に掲載している記事をブログ用に再編集したものです。タブロイドの内容は、ヨガスタジオ TAMISAで無料配布している印刷物、過去のアーカイブを含めオンライン(issuu)でご覧いただけます。