Other

2020年1月28日
Other

【タブロイド】イベントで広がるヨガコミュニティ

イベントで広がるヨガコミュニティ-02.jpg

スタジオの快適な空間で集中してするヨガもいいですが、外に出て広い青空の下で、自然や大地を感じながら思いっきり体を伸ばして楽しむヨガは何事にも変えられない至福の時間ですよね。春先から冬に入るまで、日本中ではいろんな場所でたくさんのヨガイベントが催されています。ヨガウェアブランドのインヤンも今年もいくつかのヨガイベントに出店させていただきました。イベント独特の空気感や新しく出会う人との交流は毎回新鮮で、何より新しくウェアの事を知って喜んでくださる人の笑顔を見ることは私たちにとって一番嬉しいことです。 そんなヨガイベントですが長年私たちが参加する中で、人の流れや、意識の変化、ヨガの捉え方など、時代とともに少しづつ変わってきた変化について感じた事を書いてみようと思います。

イベントで広がるヨガコミュニティ-03.jpg

まず、小さな子どもを連れて行けるヨガイベントが増えてきました。「イベントに参加したい、でも子どもから手を離せない」そんなお母さんの声に応えるかのように、子どもを預けることができる場所が用意してあったり、子どもだけでも参加できるキッズヨガのクラスや親と子どもで一緒に参加できるクラスなど、気軽に参加できるプログラムを開催しているイベントが広まっていると感じています。 また、食品の提供にリサイクル容器を使用したり、包装や環境に配慮した素材を使ったりするなどエコロジーで環境を意識したイベントが多くなったように思います。ヨガは調和を大切にするので、環境に対しても気持ちのいい事をしていこうと言う働きは自然な流れですね。 インヤンでも商品の包装などに使用するプラスチック袋を、土に還るキャッサバ由来の袋に変えていく取り組みを進めています。またイベントで販売する際には、包装はせずに商品をそのまま持ち帰りいただいただくことで、ゴミを排出しない『ゼロウェイスト』へ向けての取り組みを始めています。 参加するたびに新しい発見や驚きがあるヨガのイベント。楽しみながらもどんな新しい発見があるのかもみていくと面白いですね。

文:Yoko

イベントで広がるヨガコミュニティ-04.jpg


Tabloid vol04-08.jpg

この記事はヨガスタジオ TAMISAのタブロイド誌『Yoga for Life vol.4』に掲載している記事をブログ用に再編集したものです。タブロイドの内容は、ヨガスタジオ TAMISAで無料配布している印刷物、過去のアーカイブを含めオンライン(issuu)でご覧いただけます。