Family

2018年7月 9日
Family

今週の産前産後ヨガスケジュール

こんにちは、Sonokoです。

今週はとても暑い日が続くようですね!水分、栄養分をとり疲れないように身体のバランスを整えましょう。

fullsizeoutput_340.jpeg

さて昨日は近所で開催されたこども縁日に行ってきました。アレルギーの子に配慮した縁日で卵小麦をつかわないたこ焼きやお好み焼き、ビーガンのクレープ、焼きそばなどがあり持参したマイ容器に入れてもらいました。ストローや割り箸はできるだけ使わないように普段から心がけています。輪ゴム鉄砲や輪投げゲームもありました。景品は添加物不使用のゼリーやシャーベットでした。手作りうちわコーナーやガーランド作り、木のカメラ作りなど子供も大人も楽しめるイベントでした。

ところで地球上空の成層圏の温度が突然上がるという今までにない状態が起きているという新聞記事を読みました。地球環境の変化が著しく人災とも言える天災が起きているので、環境について普段気をつけていることをシェアさせていただきます。

☆環境に負担をかけないこと☆

お出かけ先にマイカトラリーを持参する人が増えています。環境への負担だけでなく安全性も考えている方も多いようです。割り箸は製造過程が見えないのですが、輸入品は材木や竹材を薬液に浸し、殺虫殺菌したもので作られています。安価な木のお椀や木のスプーン、フォークなどもそのように作られます。

日本はリサイクルをはじめとする環境への意識が外国と比べるとまだまだ低いので、個人レベルで意識を高めることが必要だと思います。特にプラスチック製品の使用は控えていきたいと思っています。ヨギックアーツのダンカン先生はかなり以前からプラスチック製品をなるべく使わないライフスタイルの提案をしていたり、私が毎年行くホームステイ先のフランスの子供達は道端にプラスチックのカップが落ちているとリサイクル箱に入れに行ったり、台湾ではステンレスのストローを見かけたりと海外で実際にリサイクル意識の高さを感じています。

近年は海で検出されるマイクロプラスチックが増え海産物や海塩を通じて私達の食卓に戻ってきています。リサイクルを引き受けていた中国の受け入れの審査が厳しくなり、汚れがほとんどないもののみ受け入れています。一部の予算のある国では中国にプラスチックを送るためにリサイクル施設を充実させ汚れを取るための作業員をたくさん雇っているそうです。それ以外の汚れの混じったプラスチックはアジアのほかの国に回りその国に汚染が広がっています。自分の身の回りからゴミを取り去ってもゴミはなくならないのです。

『私たちにできること』

  • マイカップ、マイストロー、エコバッグの持参
  • ペットボトル飲料とのつきあい方を考える 
  • リサイクル可能なものは綺麗にしてから回収に出す
  • 子供のおもちゃの選び方を考える、安価なものをたくさん買わず長く使えるものやリサイクルも活用する。
  • 木のおもちゃは親子2代に渡って使えるのでオススメです♪
  • 子供にもプラスチック製品を選ばない理由を説明したり、リサイクルを心がけている親の姿を見せる
  • 地産地消、地域の商店を活用して過剰包装をしていないものを選ぶ。

他にも色々できることがたくさんあります!工夫して楽しくエコな生活を送ってみませんか?

7月2週目の産前産後ヨガスケジュールは

11日(水)13:00〜14:20 リラックスママ YUKA

12日(木)12:10〜13:30 ヨギックアーツママ  Sonoko

13日(金)14:00〜15:20 マタニティ Maaya

7月3週目はすべての産前産後ヨガクラスの時間が変更になりますのでスケジュールをご確認ください。また来週お知らせいたします。

体力の必要な夏に向けてしっかりと動いてスッキリとした身体をヨガでつくっていきましょう。ご参加お待ちしています