Family

2018年6月13日
Family

今週の産前産後ヨガスケジュール&夏の授乳

こんにちは、Sonokoです。もうすぐ京都の夏がやってきます!

今日は夏の授乳のポイント、良い母乳をつくるヒントをご紹介します。一日に何度も何度もある授乳タイムが快適になるとよいですね♡

●赤ちゃんは汗かき、おっぱいを飲むだけで汗びっしょりになります。授乳しながら寝てしまうと汗疹の原因になるので、背中に一枚ガーゼなどを入れると授乳後に抜くだけでよいのでラクちんです。横抱きで飲ませている方は腕に吸水性のあるタオルを巻くと快適です。

●授乳用のブラジャーはなるべくコットン100%を選び通気性をよくしましょう。使い捨ての授乳パットは生理用ナプキンと同じ素材でできていて蒸れて汗疹ができる原因となります。繰り返し洗って使えるコットンパットはエコで肌にも優しくておススメです。

●お母さんの水分補給はしっかりと、行いましょう。冷たいものを多くとると胃腸が疲れて消化力が低下します。消化力が低下すると母乳の量が減ったり栄養分が少なくなったりするので温かなお味噌汁やスープ、お茶なども摂るようにしましょう。身体を冷やすものを食べるときは、黒ゴマや生姜など身体を温める食材を一緒に食べるのがおススメです。

息子が赤ちゃんの時に週に1,2度ほど市の一時保育に預けていました。冷凍の母乳を持たせていたのですが、その時の年配の保育士さんに言われたのが「お母さんはどんなものを食べているのですか?お母さんのところだけ哺乳瓶がさらっと簡単にきれいになるんです」話を聞くと、洗っても洗っても脂が付着してとれない哺乳瓶があるそうです。母乳の色や子供の便もよいですねと言われました。

妊娠中は除き、数年間食事のスタイルは同じなのですが、玄米・胚芽米・7分米、お味噌汁やポタージュ、具だくさんのスープ、良質な菜種油・ごま油・オリーブ油、ナッツ類、季節のお野菜、果物を食べています。毎日の調味料は昔ながらの製法で作られたものを使っています。おやつはシンプルな材料で作られているものやドライフルーツを食べています。身体も軽く疲れないので私に合っているのだなあと思います。

身体は食べ物で作られます。食べ物がどうやって作られているのか、どこから来ているのかを調べたり学んだりしていくと無理なく食事のスタイルが健康に向かう方向になるのではないかなと思います。ぜひ、食に興味を持ってこだわって学んでみてください。

☆今週の産前産後ヨガスケジュール☆

13日(水)13:00~14:20 リラックスママ Chihiro

14日(木)12:10~13:30 ヨギックアーツママ Sonoko

15日(金)14:00~15:20 マタニティ Aiko

16日(土)14:45~16:05 骨盤調整ヨガ Aiko(大人のみのクラスです、マタニティさん、産後の女性におすすめ)

梅雨時はヨガですっきり!夏本番にむけてスッキリした身体づくりも行いましょう。みなさまのご参加お待ちしています